脳科学とストレス

脳科学について

脳科学的な観点で見ると、人間の心は、神経伝達物質が脳内の神経ネットワークをかけめぐることによって生まれます。

 

そして、その神経伝達物質の状態やバランスによって心の状態が左右されます。
代表的なものには、ギャバ、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、エンドルフィン、セロトニン、メラトニンなどがあります。

 

脳のはたらきをよくするためには、脳に良い栄養素を積極的に摂取し、脳に悪影響を及ぼす物質の摂取をできるだけ避けることが重要です。

 

脳と心の関係
神経伝達物質はシナプスをわたる
心をつくる神経伝達物質
神経伝達物質はアミノ酸から作られる
脳に良いのはGI値の低い食べ物
脳は大食漢
ビタミン、ミネラルは酵素を助ける
ビタミン、ミネラルは遺伝子の欠陥を修正する

 

脳とストレス

適度なストレスはやる気や刺激を引き出しますが、あまりに強いと人の心や身体は押しつぶされてしまいます。

 

ストレスは万病のもとと言われており、がん、心臓病、糖尿病、高血圧、うつ、アルツハイマー病などの病気を引き起こす原因の一つでもあります。

 

また、人の持つ想像力がストレスを悪化させる要因にもなっています。

 

食事における血糖値の急激な上昇とその後の急激な降下による低血糖は、非常に強いストレスとなるので注意が必要です。

 

ストレスとは何か
ストレスは万病のもと
想像力がストレスを悪化させる
ストレスとアドレナリン依存症
人体のストレス応答
ストレスによる症状
血糖値のリバウンドはストレスの原因になる
間違ったストレス解消法

アルコールでストレス解消の危険性
ストレスとマイナートランキライザー
脳科学的なストレス対処法
ビタミンB群と亜鉛の摂取
ハーブのリラックス効果
バレリアンは天然の抗不安薬



 このエントリーをはてなブックマークに追加