脳科学:脳と心の関係

脳科学:脳と心の関係

脳は驚異の臓器です。
その重さはわずか1400gにすぎないのに、数え切れないほどの記憶を蓄えるだけではなく、美しい音楽、陶酔の愛などをもらたらします。
その一方で、恐れ、不安、怒り、憎しみ、妬み、気分の低下、うつなども宿らせます。
脳は小さな臓器に過ぎませんが、そこには無限に広い心が宿ります。

 

心は、知識、意志、感情の3要素から成ります。
学習や経験から得られる情報を知識といいます。
意志とは、ある行動をとることを決意することです。
わが身にふりかかる事柄に対して、何かを思ったり感じたりすることが、感情です。

 

人生はよくマラソンに例えられます。
上り坂や下り坂があり、道には石ころが転がっていたり、穴に落ちたりすることもありますが、そんな失敗を糧に再チャレンジしていきたいものです。
気分が良ければ、学習して知識を増やす努力も厭いませんし、アイデアを実行に移したり、再チャレンジする勇気も自ずと湧いてきます。

 

気分良く、機嫌良く生きることは、脳の持っている本来の力を最大に発揮する人生を送ることでもあります。
その秘訣は、脳のはたらきを最適化する栄養素を摂ることです。

 

脳のはたらきを改善する栄養素を積極的に摂取し、脳に悪影響を及ぼす物質の摂取をできるだけ減らすことを実践すると、充実した人生を送ることができます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加