脳科学:神経伝達物質はシナプスをわたる

脳科学:神経伝達物質はシナプスをわたる

神経細胞は全身に張り巡らされていますが、一番集中しているのが脳です。
脳内には、1000億個もの神経細胞が詰っています。

 

人間の心は、伝達物質が脳内の神経ネットワークをかけめぐることによって生まれます。
ですので、伝達物質は心と感情のメッセンジャーのようなものです。

 

神経細胞で発生した興奮は、電気シグナルとなって神経細胞の一部が伸びた軸索というケーブルに伝わります。
軸索を木に例えると、その先にはたくさんの枝が伸びており、この枝のことを樹状突起と言います。

 

神経細胞から伸びた樹状突起は、別の神経細胞の樹状突起とつながっています。
このつなぎ目をシナプスと言います。

 

1個の神経細胞にはおよそ十万個もの樹状突起が生えているので、脳内には数百兆個を超えるシナプスが存在します。
人間が過去の出来事を覚えているのは、記憶が脳内でシナプスとして蓄えられているからです。

 

シナプスには隙間があります。
この隙間に邪魔されて、興奮は電気シグナルのままでは、標的とする神経細胞に伝わることはできません。
そこでひと工夫がこらされます。

 

2つの神経細胞があるとき、興奮の送り手を節前線維、興奮の受け手を節後線維と呼びます。
電気シグナルが節前線維の神経細胞の末端の樹状突起に辿り着くと、ここで電気シグナルから伝達物質に姿を変え、シナプスをわたります。
こうして、興奮は節前線維の神経細胞から節後線維の神経細胞へと伝わります。

 

脳内にはさまざまな神経細胞があって独自の伝達物質を放出することで脳が活動し、このとき心が発生します。
心は脳内をかけめぐ神経伝達物質の種類と量に左右されます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加