×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレスとマイナートランキライザー

ストレスとマイナートランキライザー

ストレスがかかると、不安と焦りから脳が興奮しすぎて、夜眠れなくなることがあります。
これを解消するのがマイナートランキライザー(ベンゾジアゼピン系)で、抗不安薬や睡眠薬として広く使われています。

 

ベンゾジアゼピン系のマイナートランキライザーは1960年台に開発されました。
不眠や不安の治療において、従来の薬より、副作用が少なく使いやすいのが特徴です。
ジアゼパム(セルシン)、クロルジアゼポキシド(コントール)、クロナゼパム(ランドセン)、アルプロゾラム(ソラナックス)、トリアゾラム(ハルシオン)などがあります。

 

アルコールと同様に、ベンゾジアゼピン系も抑制性の伝達物質であるギャバのはたらきを強化し、脳の過剰な興奮を抑えます。
このとき脳全体のはたらきが抑えられ、意識が低下し、不安が減少して感覚が鈍くなります。
また、ベンゾジアゼピン系、バルビツール系、メプロバメート、アルコールは、大脳辺縁系の快感サーキットを刺激し、ドーパミンを放出させるので気持ちがよくなります。

 

しかし、マイナートランキライザーは、短期間の摂取なら効果的ですが、長期間摂取すると依存症などさまざまな問題を発生させます。
減薬は正しく行わないと離脱症状が出てしまいます。
長期使用による問題点は次の通りです。

 

  • 耐性の発生
  • 次第に、同じ効き目をあらわすのに、それまで以上の摂取量が必要となります

  • 依存症の発生
  • 薬を摂取することで、ようやく正常な生活を保てるようになります

  • 離脱症状
  • 服用をやめると、不安、不眠症、イライラ、震え、疲労感、頭痛などに襲われます

  • 二日酔い
  • 翌朝頭がぼんやりします(交通事故の原因になることが多い)

  • 物忘れ、眠気、事故などを起こしやすくなる
  • 夜眠れない睡眠障害が起こる