脳科学的なストレス対処法

脳科学的なストレス対処法

アルコール、抗不安薬、睡眠薬などは脳をリラックスをさせ、短期的にストレスを解消する効果がありますが、長期的には神経伝達物質や血糖値のバランスを崩すので全くよくありません。

 

そこで、脳科学的な観点のストレス対処法を紹介します。

 

神経伝達物質のアンバランスは、心を不安定にし、精神的な病気から依存症にいたるまで、多種多様のトラブルの原因となります。
また、血糖値のアンバランスは、人体にとってストレスそのものになります。

 

ですので、神経伝達物質と血糖値を安定させるようリラックス等を心掛ければ、副作用がなく健康的にストレスを撃退することができます。

 

ストレスがない人生を送れるのなら、リラックスする必要はないかもしれません。
しかし、人間は生きている限りストレスは常についてまわります。
大事なことは、ストレスを避けるのではなく、うまく対処してストレスから立ち直ることです。
それには次の4つの条件を満たす必要があります。

 

  • 血糖値を安定に保つ
  • 脳内におけるギャバ、ドーパミン、エンドルフィンの放出を促進する
  • 脳内物質をつくるのに必要な栄養を十分に摂取する

 

栄養素の摂取は、ストレス対策のためには特に大切です。
ストレスにかかると、ビタミンB群やミネラルなどが大量に消費されるからです。
ストレスがかかればかかるほど、人間の体は栄養素が不足しやすいメカニズムなので、意識して栄養を摂るようにしましょう。