ストレス解消法:ビタミンB群と亜鉛の摂取

ストレス解消法:ビタミンB群と亜鉛の摂取

ストレス解消には、ビタミンB群と亜鉛の摂取が欠かせません。

 

ビタミンB群や亜鉛が体内から失われれば、ミトコンドリアでのエネルギー生産が滞り、脳がエネルギー不足に陥るからです。
そして、電気シグナルの発生がしづらくなり、脳内における情報伝達が遅れてしまいます。
その上、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンといった重要な情報伝達物質が不足してしまいます。

 

そうすると、脳の興奮が足りなくなり、やる気が失せ、うつ状態になってしまいます。
また、その反動によって、脳がやたらに興奮して不安障害に陥ることもあります。

 

脳内において、亜鉛は少なくとも100種類以上の酵素の補因子となっているので、亜鉛不足は気分を非常に不安定にします。
実際、不安やうつは、点滴からの栄養補給によって発生した亜鉛不足の患者に頻繁に見られます。

 

亜鉛が不足するれば、脳の発育や性的な発達が遅れ、食欲不振、味覚異常、嗅覚障害、イライラ、疲労、無気力、健忘症、うつなどが発生します。
また、最近では亜鉛不足と拒食症も因果関係があると報告されています。

 

また亜鉛には、脳から銅、鉛、水銀、カドミウムなどの有毒な重金属を取り除くはたらきもあります。
脳内で亜鉛が欠乏すれば、銅レベルが上がり、パラノイア、暴力、気分の激変、幻覚、幻聴などが起こりやすくなります。

 

鉛レベルが上がると、学習障害や行動障害をもたらします。
水銀の毒性は、不安や感情の不安定化、過剰な反応、不眠をもたらします。
カドミウムのレベルが上がると、多動や幻覚を起こし、脳の神経細胞にダメージを与えます。



 このエントリーをはてなブックマークに追加