×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バレリアンは天然の抗不安薬

バレリアンは天然の抗不安薬

バレリアンは、不安や不眠に効果のあるハーブで、天然の抗不安薬と言われています。
神経質が原因で起こる不安や睡眠障害の改善に利用できると、世界各国でも認められています。

 

バレリアンには、ブドウ糖と有機物質がくっついた配糖体や、植物から得られる揮発性の精油である吉草酸やその仲間、窒素を含んだ有機物質であるアルカロイドなど、多くの成分が含まれています。

 

バレリアンを神経細胞に与えるとギャバが放出され、鎮静効果を発揮します。
つまり、バレリアンの効く仕組みはベンゾジアゼピン系と同じです。
しかし、ベンゾジアゼピン系に見られる依存症などの深刻な副作用はありません。

 

リラックスするためには、1回50〜100mgのバレリアンを1日2〜3回摂取すると良いでしょう。
快眠のためには、寝る30分ほど前に300〜500mg摂取しましょう。

 

市販されているバレリアンのサプリメントは、バレリアン・オフィシナリスの根茎や枝を感想して固めるか、根茎や枝をエタノールで抽出したチンキ剤にするか、カプセルに包むか、錠剤にしたものです。

 

バレリアンは、アルコール、抗ヒスタミン剤、筋弛緩剤をのはたらきを増強させる可能性があるので、これらを摂取している人は、専門家の下でバレリアンを服用するようにしましょう。