×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレスとアドレナリン依存症

ストレスとアドレナリン依存症

ストレスを感じた際にアドレナリンが放出され、それによってやる気や元気が出て集中力が高まります。
このようにはりきって仕事に励むのは良いことです。
しかし、アドレナリンには依存症というマイナス面があります。

 

締め切りに追われることがない休暇中は、ストレスが減り、リラックスすることができます。
このときに、アドレナリンの離脱症状に襲われることがあります。
何となく落ち着かなかったり、ぼんやりとした不安にかられたら、離脱症状かもしれません。

 

再び、ストレスにさらされてアドレナリンを放出し、ハイな気分を楽しみたいという、無意識な願いが出てきます。
アドレナリン放出のために、何かしなくてはという焦りの気持ちに襲われます。

 

この気持ちに負けて、また頑張ってアドレナリンを放出させることを繰り返していると、ついにはアドレナリンをつくる副腎が力つきてしまいます。
ついには、脳と身体は疲れ果て、気力や体力も失せ、何もやる気が起こらなくなります。
そんなときは、とにかく休養し、リラックスするのが一番です。

 

ストレスが多い環境に慣れるのではなく、合間合間にストレスのない期間をつくりうまく心身を休めるようにしましょう。
またストレスフルな生活は体に悪影響を及ぼすのでできる限り避けるようにしましょう。