血糖値のリバウンドはストレスの原因になる

血糖値のリバウンドはストレスの原因になる

血糖値のリバウンドはストレスの原因になるので、注意が必要です。

 

ストレスだとあまり認識されていませんが、実は大変強いストレスになっているのが、血糖値の急激な上昇とその後の急激な降下による低血糖です。
この低血糖を是正しようとアドレナリンが放出されるため、些細なことで怒りやすくなってしまいます。

 

カフェイン、アルコール白砂糖は血糖値を急激に上昇させ、その後降下させるため、ストレスの隠れた原因となっています。

 

例えば、コーラなどの甘い清涼飲料水、アルコール飲料、甘い餅などを摂取した後に、イライラしたり起こりやすくなる人がいます。
これは精神的な病ではなく、原因は血糖値の急上昇と急降下であることが多いです。

 

血糖値が下がると即座に、脳は疲労、イライラ、頭に雲がかかった感じに襲われます。
そして、この不快な気分を解消しようと、またケーキや清涼飲料水などの白砂糖を多く含む甘い物に手が伸びてしまいます。
このように、血糖値の急上昇と急降下という悪循環に陥ってしまいます。

 

現代社会では、気付かないうちにこの悪循環にどっぷりつかっている人が多いです。
甘い物をついちょこちょこ食べてしまう人は、既にこの悪循環に足を踏み入れてる可能性が高いです。

 

しかし、たとえそうであっても、今から正しい食事による適切な栄養素の摂取に切り替えると、この悪循環から脱却することができます。